• 事例no,020

    (株)豊臣の豊臣社長はホテル事業部門が震災の影響で宿泊客がいなくなり、事業の見直しが必要と考えました

  • 事例no,019

    手塚(株)の手塚社長は放射能汚染の影響で会社の機能を停止することになり、途方に暮れてしまいました。

  • 事例no,018

    津山製作所の津山社長は、津波被害に遭い、本社工場を失いました。管理データを保持していたサーバーも浸水し機能しなくなりました。
    廃業を意識し、法的清算を考え始めました。

  • 事例no,017

    茅根温泉日本閣の千葉社長は震災の影響で90%超の宿泊客キャンセルに遭い、翌週の手形決済資金が準備できず、経営危機を迎えました。

  • 事例no,016

    田中繊維加工(株)の田中社長は30億円を超える債務超過に陥っていました。

  • 事例no,015

    曽根印刷(株)を経営する曽根社長は設備購入の為の借入負担と売上の減少に直面していました。

  • 事例no,014

    歯科医院を経営する瀬戸医師は診療報酬の激減と隣地買収の返済金に困っていました。

  • 事例no,013

    建築業、不動産業、飲食業を営むスドウグループの須藤会長はグループの過大な債務と多数の個人借入に困窮していました。

  • 事例no,010

    流通業、レンタル業、サービス業を展開する児島恒産業(株)の児島社長はグループの業績悪化と借入金の増加に会社存亡の危機を感じていました。

  • 事例no,009

    大山手銀行に勤務する毛見山部長は不動産投資した際の借入金の返済が出来なくなっていました